トップ

リーフレットで集客する

似てると思われがちだが全然違うもの

リーフレットとパンフレット

念願叶って個人経営の飲食店をオープンしたのはいいけど、繁盛する店にするにはどうすればいいのか。
近くに競合店が出店、客足が伸びないどころか落ちているみたい。

こんな風に経営者であれば、誰もが直面する「集客」の問題があります。次々と現れる競合店に負けないよう、皆さん万策を尽くしていることでしょう。
今回そんな時にオススメなのが、「リーフレット」と呼ばれる宣伝方法です。パンフレットやリーフレット印刷ならこちらです。

・リーフレットとパンフレットの違いについて
一般的によく知られている「パンフレット」と同じ語感を持つリーフレットですが、実はパンフレットとは違う定義があるのです。その違いは一体何なのかみていきましょう。

答えは簡単で、「何枚つづりになっているか」です。
一枚の紙に印刷をし、折りたたんで使う媒体をリーフレット、複数枚で構成される小冊子をパンフレットといいます。

ただ、リーフレットはよく「折りたたみパンフレット」や「ミニパンフレット」と呼ばれ、「パンフレット」と混同された扱いを受けることが多いようです。そのため、パンフレットに比べてメジャー感が弱いのかもしれませんね。

・リーフレットとパンフレット、どちらがいいのか?
経営するお店の集客を促進したい時、果たして、どちらが宣伝力の面で優れているのでしょうか?「1枚紙のリーフレットじゃちょっと安っぽい?」「企業の会社案内じゃないんだから、パンフレットはやりすぎかな?」など、お悩みは尽きないかと思います。そんな時は、用途によって適切な媒体を選ぶことを意識しましょう。

・リーフレットを選ぶときは?
リーフレットを活用できるシーンを下に列挙してみました。
(1)低予算で手軽に作りたい
(2)小さなスペースに設置したい
(3)常に持ち運び、思いついた時に手渡ししたい

パンフレットに比べ、使用される枚数も1枚のみでチープに見られがちなリーフレット。しかし、両面に印刷ができることを考えると、実は想像している以上にたくさんの表現が可能なのです。

また、複数ページにわたって構成されるパンフレットよりも、編集・制作における手間がかからないことも利点の1つに挙げられますね。情報をコンパクトにまとめ、高い機動力をもって活用することができるのがリーフレットの大きな魅力であり、強みだといえるでしょう。