トップ / 集客できる効果的なデザイン

リーフレットで集客する

集客できる効果的なデザイン

リーフレットをつくる5つのコツ

藪から棒にリーフレットを作ったとしても、集客効果がなければ経費の浪費で終わってしまいます。しっかりと注目を集め、実際にお店に行ってみたくなるリーフレットとは一体どういったものなのでしょうか。
(1)コンセプトやターゲットを絞り込む
見込み客の注目を集めるためには、リーフレットを作る上でのコンセプトやターゲットを明確にしておくことが重要です。事前に、「作成する目的」「どんな人に向けて作るのか」「何を伝えたいのか?」などをはっきりと決めておくことで、ターゲットの心に刺さるリーフレットになっていきます。

(2)第一印象でのインパクトを意識する
次にリーフレットのデザインで重要なのが、思わず興味を抱いてしまうようなインパクトがあることです。できるかぎり、見込み客の記憶に残る魅力的な写真や色使いを心がけましょう。

居酒屋の場合だと、黒地で夜のムードを作り、赤や黄色などの主張の強い色でアピールポイントを強調するのがマストな戦略です。

このように、業種に応じた見せ方や色使いが必ずあります。まずは周囲の意見やネットでの情報などを参考に、それを見つけるところから始めてみましょう。

(3)見る人が喜ぶ情報を載せる
見込み客に「行ってみたい」という欲求を抱いてもらえるような「ベネフィット」を提示してあげることも大事なポイントです。ベネフィットとは、お客様がそのサービスや商品によって得ることのできる利益のことをいいます。

例えば、オープンセールなどを宣伝する場合は「期間限定!生ビール190円キャンペーン」など、見込み客にお得感を抱いてもらえるような情報を載せてあげると効果的かもしれませんね。

(4)割引やクーポンなどをつける
例えば、料金が20%オフになる割引券やトッピングが無料になるクーポン券などをつけることもテクニックのひとつです。このようにリーフレット自体に機能性を持たせることで、簡単に捨てられる可能性が低くなるなどの効能もあります。

(5)問い合わせ方法が明確である
お店に興味を持ち、実際に「予約をしたい」などの行動を起こそうとした時に重要なのが、問い合わせ情報の有無です。実際に記載されていても、わかり辛ければ無いも同然。見込み客が見逃すことのないよう、電話番号やメールアドレスはわかりやすいフォントや色使いで明確に表示してあげましょう。

さらに広告効果の高いリーフレットを作成したいと思った際に重要になるのが「コピーライティング」のスキルです。これは、見込み客に商品やサービスをセールスするための文章スキルのことをいいます。

コピーライティングに関しては、関連書籍やスキルアップセミナーなどがありますのでリサーチしてみるとよいしょう。コピーライティングのスキルが向上すれば、より見込み客の心揺さぶるリーフレットが作れるはずですよ。文章力が無くどうしても不安だという方は専門のライターに書いてもらうというのも一つの手です。