トップ / リーフレットの折り方を考える

リーフレットで集客する

リーフレットの折り方を考える

折り方ひとつで変わるリーフレット

せっかく集客できるリーフレットが完成しても、用途やレイアウトに合わない折り方をしてしまっては台無しになってしまうこともあります。広告媒体にあった折り方を選ぶことで、見込み客に効果的に情報を見てもらうことができるのです。ここでは飲食店の宣伝に適したリーフレットの折り方をシーン別に分けて6種類ご紹介していきます。

・封筒に入れたい場合
【巻3つ折り】
巻3つ折りはリーフレットを3等分にし、オモテ面を内側に巻き込むようにする折り方です。A4サイズのリーフレットであれば、長3封筒、洋長3封筒に入るサイズになります。折り込んだ部分にクーポン券などをつけると、さらに効果的ですよ。

【DM折り(2つ折り+3つ折り)】
リーフレットを2つ折りにしてから、さらに巻3つ折りにする折り方をDM折りといいます。大きなサイズのリーフレットをDMに封入する際に有効な方法です。
A3サイズのリーフレットにDM折りを施した場合、洋長3封筒、長3封筒に入るサイズになります。

・店舗の内容を効果的に紹介したい場合
【2つ折り】
リーフレットの長辺を上にして、中央から2つに折るもっとも基本的な折り方です。この折り方をA3サイズのリーフレットに施せば、パンフレットや新聞に封入した際に、情報をインパクトをもって見せることができます。

【十字折り(クロス8頁折り)】
前述した2つ折りをリーフレットの長辺に対し、2回行うという折り方です。この折り方を施すとウラオモテそれぞれに4等分のスペースが生まれますので、合計8ページにわたって情報を展開することができます。
A4-A3サイズのリーフレットを小冊子のように扱うことができますので、カテゴライズされた情報を効果的に見せたい時に活用しましょう。

・お店のメニューやレジカウンターで目に引くリーフレットを作成したい場合
【観音折り】
リーフレットを4分割し、外側から内側に折り込んでから、長辺の中央を1回折るという折り方です。手に取った方にたくさんの情報を見開きで見せることができるので、初見のインパクトはかなり大きいといえます。また、折りの特性上、自立させることも可能ですので、レジ横に置くポップなどにも適していますよ。

【巻3つ折り・自立式】
封筒に入れたい場合の折り方としてご紹介した巻3つ折りですが、自立するコンパクトなリーフレットを作成する時にも活用することができます。これもレジ横やお客様が座るテーブルの隅に配置することで、場所を取ることなく、伝えたい情報を発信することができます。

ご紹介した折り方の他にも、印刷物を蛇腹のようにジグザグに折りたたむ「蛇腹折り」やZ字になるように3つ折りにするZ折りなど様々な折り方があります。ただ、インパクトや見た目を意識するだけでなく、読み手であるお客様が手に取った時の反応を思い浮かべて、リーフレットの表現にあった折り方を施しましょう。